行動指針プロジェクトチーム

行動指針プロジェクトチームとは

経営理念を達成するために何をすればよいかを具体的に示したものが行動指針(企業情報.経営理念参照)です。しかし、実際に行動指針に基づいた取り組みも行なってはいるものの、抜けモレなく行なっているかと言われればそうではなく、また一人ひとりが実感できているわけではありません。そこで、より確実に行動指針を実感していくために行動指針ごとにチーム分けし、それぞれ活動を行うのがプロジェクトチームです。

Terima kashi 【取引先への感謝】

普段からお世話になっている仕入先、得意先の皆様に感謝の気持ちを伝え形にすることで、人と人とのつながりを大事にできる会社を目指すプロジェクトチーム。

ありがとうカード

社内の人間、取引先様の皆さまに感謝の気持ちを伝えるツールとして、「ありがとうカード」を活用しています。
人は感謝気持ちを持ったときに「ありがとう!」と言葉は自然に出てきますが、形として伝える機会はなかなかありません。そのきっかけ作りとして「ありがとうカード」を活用しています。初めはチームメーンバーが中心となって活動しておりましたが、今では社内全員を巻き込み、ありがとうカードが浸透しております。そして、社内で集まったありがとうカードは毎月ご本人様にお届けさせて頂いています。改めてカードを送ることで、感謝の気持ちを伝えることができ、書いた方も貰った方も嬉しい気持ちになります。
この活動を通じて取引先様に感謝の気持ちを精一杯お届けしていきます。

            

Felicity 【社会への貢献】

自分や自分の周りの人たちが幸せになれるような活動を行い、社会の秩序、平和、発展のために貢献するプロジェクトチーム。

職業体験

オノライティングでは神愛子供ホーム様の子供たちを弊社に招いて、職業体験を実施しています。子どもたちは社員たちと名刺交換をしたり、実際に商品に触れてもらい梱包業務を体験してもらってます。さらに、神愛子供ホーム様の催しにも積極的に参加して互いの交流を深めています。             

メイク・ア・ウィッシュ

メイク・ア・ウィッシュとは、難病を抱えた子どもたちの夢をかなえるボランティア団体です。
難病と闘う子供たちには、一人ひとり心に描いている夢があります。その夢を実現するためにあらゆる便宜を可能な限り子供たちに生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと言う願いのお手伝いになればと、オノライティングでは、切手集めや定例会への場所提供、ポスター掲示の依頼など様々な形でメイク・ア・ウィッシュを応援しています。


Caliente 【熱意と継続】

自分の概念・殻を打ち破れるような新たなことに挑戦し、"本当に出来るのか!?"と思うようなことでも最後までやり切ることで、行動力・実行力・遂行力を兼ね備えた会社を目指すプロジェクトチーム。

伊勢神宮参拝

年に一度社内行事として伊勢神宮参拝を行っています。
日本の歴史を学び、過去の偉人達から日本人の精神、こころを感じ取り、日本人として恥じないような生き方をし、誠に尽くすという生き方を後世にもしっかりと伝えていくために取り組んでいます。
今自分が仕事をしたり健康に過ごせることは、周りの人のおかげということを忘れず、常に感謝の気持ちを持つことが大切ということを学んでいます。


            

Butterfly 【改善と創造】

業務において常にあらゆる角度から改善意識・発想力を持ち、社会環境の変化に対応し、進化していける強い会社を目指すプロジェクトチーム。

サナギから蝶になったとき空気中に飛び出すような劇的な業務改善

あらゆる企業において「改善」というものは絶対に必要なものです。現在、世界中に名を轟かせている大企業にも転換期があり、改善を繰り返して成長してきました。逆に言うと何も改善 がなされない会社はいずれ無くなっていきます。
弊社においても「改善と創造」という行動指針の下で日々仕事を行っています。その舵取りとなるのが「Butterfly」です。
様々な業務や仕組みの中で発生する問題などを取り上げ、各担当者から提出された報告書を見ながら改善策を練っていきます。
最終目標は業務改善をすることにより、生産性を高め業務時間を短縮することです。活動の一環として報告書の管理のほか、年に数回行われている社員研修の中で今までの問題事例の発表や各個人の意識改善として意見交換を行ったりしています。
一人ひとりが意識改善をすることにより生産性の向上、会社の発展を目指していきます。             

Future 【自然との共生】

人間は生態系の輪の中で生かされているということを認識し、自然と共存・共生していくことで将来の子供たちに良い自然を残していける会社を目指すプロジェクトチーム。

電気・紙の使用量削減

2015年発足時、手探り状態の中社内のCO2削減を目標に電気・紙の使用量のデータ取りを開始しました。
社内の電気使用量を把握し、電灯やエアコンの使用を控える・使用後はOFFにするなど社員に呼びかけを行っています。紙の使用量もデータを取り、裏紙を使用する、システムと連携して一部の書類を電子化して印刷を控えるなど使用量削減を行っています。

社内のエコ活動

オノライティングでは社員の誕生日を大事にしており、毎年会社からささやかなプレゼントをしています。そんな誕生日企画と連携して、2017年はマイ箸をプレゼントしました。昼食時に割り箸の使用を禁止し、マイ箸を使用してもらうようにしています。
また2018年にはエコバッグをプレゼントし、普段の買い物にレジ袋をもらわないよう呼びかけエコバッグの使用を促しています。

マイ箸・エコバッグを積極的に使用してからは環境のことを考え、少しでも改善していくという考えが定着しつつあると実感しています。
社内研修の時に人数分のペットボトルを用意していましたが、ペットボトルを無駄に使わない為に部活などで使っているようなウォータージャグを購入し、使用しています。入れ物は紙コップではなく普段から使用しているマイコップを使用しています。

^